グアム婚!デュシタニヴィラアズールで挙式!内容・スケジュールは?

挙式

どうもぽんぺきです!

2020年2月に私たちはワタベウェディングを通して「デュシタニグアム」で挙式しました。式場を選ぶ中で、グアム挙式を検討する方も多いはず。しかし下見が出来ず、写真でしか判断出来ないため、当日まで不安になる方も多いと思います。グアムでも珍しい「ガーデンウェディング」のデュシタニ挙式の内容を紹介しますので、今後、グアム婚を検討される方の参考になれば嬉しいです!

デュシタニで挙式とは?

式場は「デュシタニグアムリゾート」のスイートルーム「ヴィラアズール」です(写真左)。ここを貸し切って挙式をします。右側のプール付き客室と比べると大きさは一目瞭然です。

1日1組限定なので、タイトなスケジュールではありません。いくつかのウェディング会社がありますが、「ワタベウェディング」でお願いしました。当日の挙式スケジュールは以下の通りです。

  • 14:00 参列者の送迎
  • 14:30 新郎新婦到着
  • 15:00 挙式開始
  • 16:00 披露宴開宴

それぞれ詳細を見てみましょう!

14:00 参列者の送迎

デュシタニは「Tギャラリア」や「JP」があるグアム中心地に近くてアクセス抜群ですが、参列者のホテルから送迎をしてくれます。ちょっと遠いホテルからはもちろん、近いホテルからも送迎してくれるので、挙式前から参列者も特別感を体験出来ます!

到着した方から「ヴィラアズール」に案内され、大きなリビングルームで待機します。椅子やソファがあるのでのんびり出来ます。小さな子供がいても安心です。

14:30 新郎新婦到着

ちょっと遅れて新郎新婦も到着です。遅く感じますが、この前に私たちは10時からメイクアップや準備をして、ビーチで写真撮影をしてます!披露宴までご飯は食べれないので、朝ごはんをいっぱい食べましょう。

挙式前の私たちのスケジュールや詳細は別の記事で紹介します。

到着すると別の部屋で少し打ち合わせします。神父がめちゃ大きい。

現地で貸してくれるリングピローを使いました。

新婦家と顔合わせです。ここで挙式の段取り説明や練習をします。

準備が完了したようなので、いよいよ挙式スタートです!

15:00 挙式開始

新郎、ブライズメイド、新婦の順にスタンバイします。

花びらは地面に撒いた状態の予定でしたが、風が強いので入場直前で撒いてもらう事にしました。

新婦の入場です。ここに来るまで結構歩きます。後ろにホテルの客室があるので稀に人がいますが、まったく気になりません。

当日は風が強く、直前までベールを付けるかどうか悩みましたが、折角なのでチャレンジ。飛ばされずに済みました。

式中の言葉は全て英語です。英語がまったく分からなくても雰囲気で伝わるので大丈夫です。誓いの言葉は日本語と英語を選べますが、折角なので英語にしました。式中のスタッフは黒スーツを着た日本人アシスタントの方と、ウクレレの演奏者、そしてカメラマンです。

1歳半の子供も参列しましたが、挙式に飽きても芝生遊びで気晴らししてました。

最後にフラワーシャワーで退場して、挙式が一通り終わりました。

スイートルームに戻って結婚証明書にサイン。すぐに出てきて写真撮影タイム!

良い感じの写真や集合写真を撮ります。

一通り終わると、フリーの写真撮影タイムです。友達や家族で自由に撮ることが出来ます。時間は十分あるので、満足いくまで撮ることが出来ました。

16:00 披露宴開幕

私たちは披露宴に向けて一度退場し、髪型の変更等の準備です。

準備している間、乾杯前のノンアルカクテルが提供されます。退屈しないように席次表に写真めちゃ入れました。コスト抑えるために席札・席次表は全部手作り!

新郎新婦入場でいよいよ開宴です!

挨拶等が終わって、カンパーイ!

ケーキ入刀です!ケーキは数種類から選べます。

いよいよご飯!写真奥と室内にブッフェがあり、カウンターでお酒を注文出来ます。

とにかく美味しくてボリュームが凄い!グリル系のメニューが多く、まさに海外のブッフェという印象でした!ホテル自慢のデザートも!

ブッフェを取り終わったらすぐに次のプログラム!ではなく、フリータイムがしっかり確保されています。席を自由に移動して談笑したり、ゆっくりご飯を楽しめます。

両親にサプライズで「バウリニューアル」をしました。夫婦が改めて誓うセレモニーです。

その後も色んな場所で写真を撮ったり、ブッフェを満喫したり、ソファでゆっくりしたり、時間に縛られず、それぞれの過ごし方で楽しめました。

最後にお互いの両親に絵をプレゼントして挙式は終わりです。

皆さんとはここでお別れで、スイートルームの玄関でお見送りします。帰りも各ホテルまで送迎してくれます。

私たちは残って、気の済むまで写真を撮り続けました。スタッフの方は折角の機会ということで、快く対応してくれたのが好印象でした。

最後までスイートルームを満喫して帰宅です!帰宅といっても同じホテルなのですぐ部屋に着きます。朝早く起きて疲れているので嬉しいですね!

バルコニーからの夕日が綺麗でした。

まとめ

デュシタニグアムでの挙式の内容を紹介しました。海と空を一望できる景色・ボリュームのある豪快なブッフェ・ゆとりのある時間の3要素がある挙式は、日本はもちろんグアムでもここでしか実現出来ないと思います。一生に一度の挙式にデュシタニグアムを検討してみてはいかかでしょうか。

今後、気になる費用や費用を抑える為に用意した小物等を紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました